NEWS

コロナウィルスの情報は「ライブ」で。在日外国人向けサービスがローンチ

コロナウィルスの情報は「ライブ」で。在日外国人向けサービスがローンチ

コロナウィルスが猛威をふるっている。その不安は、日本人はもちろん在日外国人の方も大きい。アジア人を見るとコロナウィルスと過剰反応した差別のニュースがしばしば行われている。サッカー選手のデル・アリがアジア人を見てコロナウィルスとはやし立てた動画をあげて謝罪に追い込まれたばかりだ。

そこで、日本でも在日外国人の不安を少しでも和らげようと、ベトナム人に特化した人材紹介を行なうユアブライト株式会社が2月17日より対策動画をあげているのをご存じだろうか?

それによると、コロナウイルスの日本における情報の多くは日本語で発信されており、在日外国人は正しい情報にアクセスすることが困難になっているという。

また、SNSで母国語で発信されるニュースは不確かな情報も多く、不安を煽るような情報が多く出回っていてリテラシーが試される状況なのだとか。

そこで考えたのが『Facebook』と『TikTok』を利用して、ベトナム語でコロナウイルスに関係する情報を動画配信すること。Facebookではライブ動画も利用し、ベトナム人の視聴者からの質問にも答えることができる範囲で答えるという。

プレスリリースによると、情報配信は下記のソースを利用する予定だ。

– 厚生労働省から発表されている感染状況
– 政府機関が発表している手洗いなどの啓蒙
– 日本の新聞や通信社が発表しているニュース

さらにベトナム語で解説を付け加えていく。

・実施期間

2月17日の午後15時より開催し、週3回のペースで行う予定。
コロナウイルスの状況により、開催回数および開催期間は調整される。

・実施プラットフォーム

【Facebook】YourBrightチャンネル
【TikTok】YourBrightチャンネル

まじめな取り組みは少ない

コロナウィルスをはやし立てる動画やドッキリ動画などは多いが、コロナウィルスから真摯に取り組んだ映像は実は少ない。ニュース番組で報じられる(またその転載)ぐらいなのが現状だ。

その中で、独自に情報を翻訳して伝えるというのはとても価値のあることだ。願わくばこのような映像の使い方が増えると良いのだが……。

コロナウィルスが映像・映画業界に与えた影響まとめ

この記事を書いた人

ZOOREL編集部/黄鳥木竜
大学卒業後、複数のサイトを運営しZOORELでも編集及び寄稿。物覚えは悪いが好奇心だけは人一倍強い。

ZOOREL編集部/黄鳥木竜の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事