SPECIAL

卒業式や説明会をバーチャル開催!
今こそ知っておきたい「VRイベント」の世界

卒業式や説明会をバーチャル開催! 今こそ知っておきたい「VRイベント」の世界

こんにちは! エレファントストーンのエディター馬場です。

最近コロナコロナで世界中で外出、集会への自粛ムードが漂っていますね。不要不急の外出はもちろんですが、卒業式が中止になってしまった学校があったり、企業説明会が中止になって就職活動に支障が出たり、推しのライブイベントが中止になってしまったり……。

そんな中、解決策として一部企業ではリモートワークを取り入れたり、打ち合わせもWeb会議を使ったりと、仕事をする場所の一部または全体をインターネット上に移す試みも行われています。

では、VRを使った事例はあるのでしょうか? 今回は最近見かけたVRを利用した取り組みを紹介します!

卒業式

こちらはVRソーシャルプラットフォームであるClusterとVRChat上での事例です。有志の方々によるバーチャル卒業式ですね。東大の方は当日ライブ配信が行われ、YouTubeにアーカイブ動画が残っています。

後述する他のイベントも基本的には共通ですが、主催者がいるVRアプリ上で作られた開催場所に行って、参加をするというのが基本的なかたちです。

会議

こちらはVR上での会議ですね。体験してみるとわかるのですが、実際に相手が目の前にいる感覚があったり、体の動きが反映されるので、テレビ通話とは全く違った現実に近いコミュニケーションの感覚です。

会社説明会

こちらはVR上での会社説明会に取り組んでいる企業さんです。スーツを着て、会場まで出向いて……という手間を考えたら、企業にとっても学生にとっても自宅にいながら参加できるのはとても助かるのではないでしょうか。

VRがもっと大衆化したらこれが普通になる日も来るかもしれません。

番外編

ここからは、最近のコロナ関係なく以前から自分が興味があってたまに出向いているイベントを紹介します。

クラブ

DJが音楽をかけてフロアで客が踊っているいわゆるクラブです。DJがリアルタイムで曲をかけ、みんなバーチャルでのキャラクターになり、踊っています。中にはシャッフルダンスがすごく上手な方もいて、自分も踊りながらつい注目してしまいます。

個人的にいいなと思うのは、イベントで踊って汗をかいて疲れた体で電車に乗って帰らなくてもVRゴーグルを外せば即自宅なことです。

フィットネス

こちらはみんなで集まって筋トレやフィットネス、某隊長のブートキャンプなどをみんなでするというものです。一人だとなかなかモチベが続きませんが、みんなでやると一体感のようなものがあって楽しいです。

ちなみに自分は大きく動くタイプの動きをするときに壁を3回蹴りました。大きい部屋に引っ越したい……。

ラジオ体操

こちらは毎朝行われているラジオ体操です。毎朝出勤、通学前にここでラジオ体操をして、ちょっとだけおしゃべりをするというのを1日の始まりにしている方も結構いらっしゃるそうです。

VRソーシャルアプリ、試してみては?

いかがでしたか? 今回紹介したのはごくごく一部で、日々様々なイベントがユーザー主体で行われています。こういったイベントの多くはVRChatやClusterといったVRソーシャルアプリ上で行われています。

VR機器がなくてもプレイすることはできますので、興味を持たれたら是非のぞいてみてくださいね!

▼「VR」にまつわるこちらの記事もおすすめ!
VRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を紹介
「VR」や「360度動画」だけじゃない「AR」「MR」って何?

この記事を書いた人

馬場樹
エレファントストーンのエディター

馬場樹の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事