NEWS

Adobe Creative Cloudが激安!ブラックフライデー開催中

Adobe Creative Cloudが激安!ブラックフライデー開催中

映像制作には必須の『After Effect』と『Premiere Pro』もセットに入っている『Adobe Creative Cloud』がブラックフライデーで11月27日(金)まで超お得です。

ブラックフライデーとは?

ブラックフライデー(Black Friday)とは、11月の第4木曜日の翌日にあたる日のことでアメリカにおいて年に一度のバーゲンセールが実施されます。クリスマスセールの初日という考え方もあるそうです。

最近では大手ECサイトをはじめインターネット通販の世界でも大々的に行われることがあります。Adobe Creative Cloudを買うなら今です。

どのぐらい安くなるの?

Adobeの公式サイトによると、全部入りのコンプリートプランが一般5,680円/月から29%オフの3,980円/月に変更、年間で見ると20,400円安いです。学生・教職員向けは1,580円/月とこちらは5,680円/月から72%安くなっています。

また、単体プランでも1,680円/月と年間で9,800円/月安いです。Photoshopしか使わないなんていう人にも朗報と言えるでしょう。

Amazonで更新の人もお安く

AmazonでもCreative Cloudは購入できます。こちらは27%オフですが、更新の場合はさらに5%オフの特別キャンペーンがつきます。ですからAdobe公式サイトとさほど変わらないか人によってはそれ以上の安さです。

Creative Cloud年間プランが65,760円のところ47,760円と27%オフ、同じく24、36か月版も27%オフです。

Photoshop単体プランなどは今回は含まれていませんが、カスペルスキーやMicrosoft 365と合わせて購入すると1,000円から3,000円安くなる特別キャンペーンもあります。

誰がお得?

新規の人は試用を27日までしてそのまま購入に移行するのが最もお得です。ちなみにまだ更新時期でない人も購入で契約期間を延ばすことができます。最後にこれを機にコンプリートプランに変更したい場合はAdobeサポートに連絡する必要があるようですよ。

Creative Cloudを買うならブラックフライデー!これが毎年の賢い選択になりそうです。

この記事を書いた人

ZOOREL編集部/黄鳥木竜
慶應義塾大学経済学部、東京大学大学院情報学環教育部で学ぶ。複数のサイトを運営しZOORELでも編集及び寄稿。引きこもりに対して「開けこもり」を自称。毎日、知的好奇心をくすぐる何かを求めて街を徘徊もコロナで自粛中。

ZOOREL編集部/黄鳥木竜の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事