SPECIAL

かわいすぎるYUKIの世界

かわいすぎるYUKIの世界

こんにちは、エレファントストーンの宍戸です。

これまで経営戦略室という立場上、ZOORELには割と真面目な記事を書いてきたのですが、今回はあまり気にせずに自分の好きなことを書かせていただこうと思います。

みなさん、YUKIというアーティストをご存知でしょうか。
知らない人はいないですよね。
1992年にJUDYANDMARYのボーカルとしてデビューし、2001年の解散後はソロとして活動しているスーパー可愛いアーティストです。

私がYUKIのファンになったのが、1998年。父の勤めていた会社の広告にJUDUANDMARYがでていたこともあって、仙台体育館で行われたコンサート「POP LIFE TOUR ’98」に招待してもらったことがきっかけでした。当時小学生だった私はYUKIの音楽と世界観にすっかりどはまりし、今日まで変わらず好きが止まりません。

YUKIの魅力はもちろん一番は音楽、そして音楽とともにつくりあげられるYUKIの世界観。
なんですが、とにかくビジュアルがとてもつなくかわいすぎるんです。
今年48歳になった女性とは思えない容姿は、本当に神の領域です。
そんなYUKIのかわいさがつまったMVを、お届けします。

Chara+YUKI 『楽しい蹴伸び』

とりあえず一旦最新のMVから。2020年1月にリリースされたCharaとの2度目のコラボシングルのMVです。

みなさん、やばくないですか? YUKI48歳、Chara52歳ですよ? もう2人とも神の領域です。ショートパンツの赤いドレスがここまでに似合う40代っておりますか?

ちなみに今から21年前のコラボ1段目のシングル『愛の火 3つ オレンジ』と見比べてほしいです。全然歳とってないんです。むしろかわいさましてません?

『tonight』

2015年にリリースされたこの曲。

生演奏、生歌の一発撮りでYUKIの横顔にフォーカスしたつくりなっています。歌っているときのYUKIの魅力的な表情が堪能できるMVです。モノクロの世界がよりその世界観を際立たせてます。もうめちゃくちゃかわいいです。

『世界はただ、輝いて』

ソロデビュー10周年のお祝いとして2012年にリリースされた曲です。

過去のタイトルを歌詞にちりばめた曲で、YUKIの楽曲の中でも大好きな曲の一つなのですが、1分13秒あたりからの踊るYUKIがめちゃくちゃかわいいです。基本的にライブ中はこんな感じでひたすら踊ってます。もう本当にかわいいんです。

『スタンドアップ!シスター』

個人的にYUKIはエロ可愛いさも抜群だと思っているんですが、そんな可愛さを堪能できるのが2002年にリリースされたこの曲。まだ初々しさの感じられるYUKIは必見です。

あーかわいい。

『ポストに声を投げ入れて』

2016年に公開された劇場版ポケモンの主題歌になったこの曲ですが、とにかくこのYUKI、超絶にかわいいです。どこがかわいいとかじゃなくて、とにかくかわいいんです。

一旦見てみてください。

『Hello !』

2011年にリリースされたこの曲。1人でもかわいすぎるのに、YUKIが5人も集まっちゃったMVです。

いかがでしたでしょうか? もう「かわいい」という言葉しかでてきません。ため息と一緒にでてくる感じです。以上、完全に自己満な記事でした!

この記事を書いた人

宍戸芙沙恵
エレファントストーン経営戦略室企画課マネージャー

宍戸芙沙恵の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事