MARKETING

女子旅がテーマな観光PR動画5選

女子旅がテーマな観光PR動画5選

ここ最近、旅行や観光をテーマにしたシティプロモーションの多様化が加速しています。

新しい当たり前が求められているウイズコロナ時代。先日取り上げた移住・定住推進のPR動画をはじめ、一人旅や家族旅行、マイクロツーリズム(近場への小さな旅行)、徹底した感染予防の呼びかけなど、その目的やメッセージを届けたい視聴者のレイヤーに応じてこれまで見られなかったようなプロモーション動画のアプローチも目につくようになっていますよね。

そんな中、数年前からブームとなりここのところ更なる注目を集めているのが、自治体や旅行会社による女子旅を題材とした観光PR動画です。YouTubeやVlogでも人気ジャンルの一つですが、今回は女子旅がテーマな作品の中から特に面白いと感じたものを4つほどご紹介いたします。

ウイズコロナ時代に参考にしたい「#女子旅埼玉」

【おすすめポイント】
・全県版に地域版。一貫したテーマのもと、さまざまな地元地域のPR動画を制作。
・絶妙なスポット選び。ウイズコロナにも対応。
・最新アクティビティを意識したプロモーション。

埼玉県物産観光業界が手がけている観光プロモーション「#女子旅埼玉」。この動画の素晴らしいところは、ずばりスポット選びのうまさ。アートカフェや足湯など女子旅ならではの“映える”スポットと、長瀞のライン下りやキャンプ場といったアウトドア要素の組み合わせが絶妙ですよね。

また、女子旅という共通のテーマのもと、上の全県版だけでなく、川越・秩父・長瀞だけのバージョンや1分程度のショート版も制作されている点も見過ぎせないポイントです。

今後の観光PR動画制作は、エリアや観光スポットの選択に置いてアクティブな屋外ニーズの高まりが増えているウイズコロナ時代の需要を意識することがとても大切です。

具体的には、これまであまり注目されていなかったローカルな場所にフォーカスする「アンダーツーリズム」、サイクリングやトレッキング(登頂目的としない山歩き)、ヨガ体験をはじめとしたマインドフルネスなど、自然・文化との交流を目的とした体験型旅行「アドベンチャーツーリズム」をモチーフにした映像を女子旅とかけあわせたPR動画が増えてくることが予想されており、そのような点からもこの「#女子旅埼玉」は参考になる点の多い作品となっています。

あの人気タレントで話題に!福岡県のPR動画

【おすすめポイント】
・有名人のトレント性を最大限に活用。
・連作シリーズものの一つとして公開。
・SNSに最適な15秒のショートバージョンも同時制作。

「福岡の魅力再発見」九州キャンペーンに引き続き、観光PRとして福岡県が手がけている「福岡の避密の旅」観光キャンペーン。“秘密”と三密を避ける“避密”をかけたキャッチコピーからも、ウイズコロナ仕様のプロモーションになっていることがうかがえます。

福岡県出身の人気タレント・今田美桜さんを起用したこの「今田美桜ちゃんと巡る!福岡旅」の面白いところは、一つのシリーズものとして作られていて家族旅行篇、修学旅行篇、ハネムーン篇も同時公開されている点。SNS時代に対応した15秒のショートバージョンも用意されています。

この動画のように影響力の大きなタレントやインフルエンサーを起用して、異なるテーマ設定がなされた複数のPR動画を制作するスタイルは、予算との兼ね合いはあるもののバリエーションの一つとして頭の隅に入れておいても損はないでしょう。

フォトジェニックすぎる赤穂市の女子旅

【おすすめポイント】
・ユーザー目線の充実したYouTube説明欄。
・二日間の旅行のモデルコースを二本の動画でPR。
・Instagramと連動してSNSで話題に。

岡山との県境に位置し、海に浮かぶ温泉地として名高い兵庫県・赤穂市の女子旅観光PRです。まず注目して欲しいのは、説明欄の目次(時間指定)リンクの充実ぶり。

見どころやスポットごとに、こと細く時間と見出しが付けられています。これ観る側からするとあるとないのでは使い勝手が段違いですよね。懇切丁寧な概要の記載は利便性の向上につながり、結果としてリピート率も高くなる傾向があるので、一手間はかかるものの動画制作時にはかならず忘れずに留意しておきたいところです。

また、女子旅で行く二日間の旅行を日毎に分けて紹介しているバージョンも公開しているので、プランが具体的で分かりやすく、旅の手引きとしても参考にしやすい内容になっています。

Instagramをうまく活用している点も見過ごせないポイント。

PR動画同様フォトジェニックな映像の連続に目が離せなくなりますよね。その名前にたがわぬ輝きで、SNSでも話題を呼んだ「キラキラ坂」。ぜひ一度は行ってみたい!

香川県の絶景をめぐる、朝昼の女子旅

【おすすめポイント】
・晴れた夏の朝昼で、香川の絶景を余すことなく伝えている。
・自撮り写真や動画を使うことで、お手軽にできる女子旅感が伝わる。
・シリーズ化しており、夕暮れ編もある。

香川県の絶景をめぐる、『絶景編「一生の景色」朝昼編』では、晴れた夏の朝昼に香川を旅する女子二人が映し出されています。ドローンによって香川の広大な自然が撮影されているカットでは、その美しさに思わずうっとりしてしまうほど。

映像では綺麗な景色を映しながらも、二人の楽しそうな話し声や蝉の鳴き声といった素朴な音が重なっているので、「壮大な自然が感じられるけど、日常の延長上にあるお手軽感」みたいなものまで伝わってくるのではないでしょうか。スマホで撮った自撮り写真や動画が映され、女子二人の自然な笑顔が捉えられているのもいいですね。

歴史好き女子が巡る上越観光

【おすすめポイント】
・ターゲットが明確&ユニークなコンセプト。
・家族編、外国人旅編、アクティブシニア篇で異なる観光スポット。
・趣味を満喫する一人旅にうってつけな内容。

旅行客のターゲットを限定した観光PR動画制作にあたって、参考にしたい作品がこちらの新潟県上越市の観光PR動画です。上杉謙信の故郷として知られ、伝統的な建物や古風で“映える”スポットの多い同市。そこを歴史・文化好きの若い女性が観光に訪れるというコンセプトで制作されているのがとてもユニークです。

個人的には、レトロおしゃれな装いの主人公が一眼レフでキンチョールの看板を写真に収める冒頭のシーンがとても好きで心を奪われました。一人旅で気兼ねなく趣味を満喫している感じが出ていて、画一発で作品のコンセプトが伝わってきますよね。

城巡りや座禅体験にフォーカスした「外国人旅編」、水族館やイチゴ狩りを切りとった「家族旅編」、ご当地グルメが印象的な「アクティブシニア編」も公開されています。

比較しながら見ると、想定されているターゲットによって観光スポットやコンセプトの違いが明確になっていることがよく分かります。PR動画制作の参考にもなるので、ぜひあわせて視聴してみて下さい。

——–

また、当サイトを運営している映像制作会社エレファントストーンは、地域のありのままの姿を映像にするサービス「フィルさと」のWEBサイトを運営しております。映像制作日誌や地方PR動画やインバウンド向けの映像などの制作実績もご紹介しているのでよかったら遊びにきてくださいね。

演出がおもしろいシティプロモーション動画4選
観光PR映像に「今」大事なこと 〜withコロナ時代の地方PR動画のポイント〜

この記事を書いた人

ZOOREL編集部/コスモス武田
慶應義塾大学卒。大学時代から文学や映画に傾倒。缶チューハイとモツ煮込みが大好き。映画とマンガと音楽が至福のツマミ。

ZOOREL編集部/コスモス武田の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事