SPECIAL

もう結婚式余興に迷わない!
滑り知らずの余興動画ベスト・オブ・ベスト3選!

もう結婚式余興に迷わない! 滑り知らずの余興動画ベスト・オブ・ベスト3選!

明けましておめでとうございます。新年早々に、いつもは見ないLINEのタイムラインをふと押してしまい、好きだった女の子の白無垢前撮り写真が流れてきました。

いや、これは結婚する友達のドレス試着に付いて行ってついでに自分も試着してみた写真、または単なるコスプレ写真に違いない! そうでしょ!?

「結婚するかしないかはっきりしない、そうやって現実を見いひん態度、そんな人とはずっと一緒におれへん」くううう過去がフラッシュバック!

そういう甲斐性がないところが駄目だったんだよな……絶賛もらいマリッジブルー中の、プロデューサーの美谷島です。

・    ・    ・

さて、ちょうど12月に、弊社のディレクターである嶺が広尾で結婚式をあげておりました。いやーめでたいですね。そして結婚式も一筋縄ではなく、ライブ配信して世界中継していた模様(限定公開で親族様が主に観られていた様子)。ご祝儀もオンラインだったとか。

公式でも、オンラインライブ配信サービスもあり、コロナ禍でも、マイクロウェディング・オンラインウェディングなど新しいスタイルの結婚式が続々と生まれているようです。

さらに、嶺結婚式当日はエレファントストーンのメンバーが新郎新婦に対して、事前に収録したメッセージビデオを作成しお渡ししました。私はからくりテレビ風にカメラに向かって、「結婚とは映画でいうとまだまだ構成(脚本)段階だから気を抜いちゃ駄目だぜ」と、人生の先輩メッセージを送らせて頂きました。

※ええ、30歳独身街道まっしぐらですが何か?

それはそうと、結婚式に纏わるメッセージビデオや余興映像がハチャメチャ好きで、よく自分から「余興やらせてよ!」と作らせてもらっています。

結婚する新郎新婦と付き合いが長ければ長いほど自分が伝えたい想いがあったり、クッソ笑わせて祝福したかったり、新郎新婦の素敵なエピソードを参列者に伝えたかったりと、作るこちらも最高にハート&ピースフルな気持ちになれます。

でも周りからよく聞くのは、「どんなことしたら面白く出来るの?」「滑らない余興とかあんの?」「余興頼まれたはいいけど、ぶっちゃけ作るのめんどくさいな」といった数々の悩み…

 

さまよえる結婚式余興を頼まれた子羊たちよ!
そこで今回、絶対に滑らない、結婚式の余興動画を紹介します。

①みんなで歌うMV風

新郎新婦の関係ある人達に、リレー形式で歌を歌わせて、綺麗に見せるミュージックビデオ風余興です。歌もただのカラオケではなく、所々新郎新婦に関係あるワードを替え唄チックに入れていくと、会場はアーイと盛り上がるため、おすすめです。

②100kmマラソン

みなさんよくご存知の24時間のやつです。ライブ配信で前日から実際に走らせても良し、24時間風に見せて実際に撮影したものを編集しても良し、そして全員が一致団結してサライを歌って盛り上がれるお手軽余興です。

ゴール手前で動画が終わるようにして、結婚式会場に実際のランナーが入ってきて新郎新婦に一芸する構成が、半端なく盛り上がるのでおすすめです。

③人間書道

頭に墨汁をつけ、想いを込めて書にしたためましょう。根性があれば他に何もスキルはいらない、結婚式余興の代表的な伝統芸能です。

私も高校同級生の結婚式で一度屋外でやりましたが、当日春一番巨大台風が直撃し、ぐちゃぐちゃな一文字が出来上がったことがあります。1名が筆役、1名が筆役を持って書く、2人3脚式の人間書道もおすすめです。

・    ・    ・

そして最後に、余興動画を作るときの注意点3箇条がこちら!

1. 流す結婚式会場では、必ず流した時にどのように映るか事前にテストをしよう。
画面のサイズによって、見切れたり調整が必要になるぞ!

2. 動画で喋るor歌う言葉の字幕テロップは必須!
当日は話し声や食事関連の音で動画音声はあまり聴こえない。

3. 余興の恥はかき捨て。思いっきりやろう。

 

ちなみに私は基本的に、余興動画の構成としては、
ドラマ風に余興何しようか迷う友達⇒思いついて実践⇒失敗⇒どうしよう、閃き!⇒実際の結婚式会場で実践
という余興ベスト・オブ・フォーマットを使用することが多いです。是非ご参考ください。

 

それでも余興でお悩みの場合は、エレファントストーンまたは余興請負人の美谷島までご連絡ください! ちなみに当メディアを運営しているエレファントストーンでは、このようなウェディングブランディングムービーも作成しております!

自分の結婚式の余興はいつになったら頼めるんだろうか・・・

– 終 –

この記事を書いた人

美谷島諒
エレファントストーンのプロデューサー

美谷島諒の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事