SPECIAL

魅力度ランキング大幅アップ!
茨城県のYouTubeでの取り組みとは

魅力度ランキング大幅アップ! 茨城県のYouTubeでの取り組みとは

都道府県「魅力度ランキング」で7年連続最下位と不名誉なタイトルホルダーであり続けてきた茨城県。

昨年2020年度の最新ランキングでは42位に浮上しており、今後のさらなる浮上に期待がかりますが、そのイメージ向上の裏側には官民一体となった並々ならぬ努力があります。

そこで今回は、茨城県公式のYouTubeチャンネル「いばキラTV」の取り組みをご紹介。(いばきらTVはYouTube以外にもhttps://www.ibakira.tv/でもご覧いただけます)

汚名返上に成功したそのプロモーションには、地方創生、地方再生のヒントになるさまざまなアイデアが散りばめられていますので、ぜひご一読ください。

まるでテレビ局? ラインナップ豊富なYouTubeチャンネル

茨城県のYouTube活用の歴史は古く、YouTube(2005年2月設立)がまだあまり普及していなかった2006年4月に公式チャンネル「いばキラTV」をスタート。観光スポット、グルメからカルチャー、県内スポーツシーンまで茨城県のさまざまな魅力を日本全国の茨城ファンに個性的な映像とともに発信しています。

その特徴は「いばキラTV」の名の通り、その規模の大きさとバラエティーの豊富さにあり、地方自治体のYouTubeチャンネルというより、ローカル局のテレビ番組のスタイルに近いものがあります。

こちらは、元ミス鎌倉の美人フードファイターとして人気のますぶちさちよさんが、茨城県内の美食を食べまくる大食いシリーズ「いばきらペロリ」。

“大食い”や“フードファイト”といったアプローチでご当地グルメを紹介することで、エンターテイメント性が抜群にアップ。商品レポートの流れが実に自然で、アンテナショップの宣伝としてこれ以上ない内容になっています。ちなみに納豆祭りの早食い競争ではあのHIKAKINさんも出演しています。恐るべし茨城。

ソロキャンプ動画の第一人者として知られるヒロシ&ベアーズ島田キャンプさんが、自然豊かな茨城の魅力を満喫できるキャンプの仕方を紹介。今後の観光産業の要として期待される「アドベンチャーツーリズム」(アウトドア体験を目的とした旅行)のPR動画としても大変参考になります。

上の動画では、茨城県の職員が森林の中で樹の上を歩くアクティビティ体験を満喫。

水族館、キャンプ場など茨城各地に点在するオススメの体験スポットをデヴィ夫人が紹介する人気シリーズ「体験王国いばらき」のスピンオフ企画にあたる動画です。デヴィ夫人を「女王」、職員を「執事」とする設定がユニークで面白いですよね。

茨城のゆるキャラ“ねば〜る君”と“うめねばちゃん“。

なんとも形容しがたい独特の癖になるかわいさが魅力です。AEDのような救急医療にとどまらず、とかく四角四面になりがちな行政サービスの紹介動画をより多くの人に柔らかく伝えるための手段として、ゆるキャラとのコラボレーションは効果的です。

有名芸能人、美人フードファイター、実力派シンガーソングライター、人気YouTuber、ゆるキャラと人気・流行りの要素をふんだんに取り込んだコンテンツの多様さと賑やかさが魅力な「いばキラTV」。

観光スポット、御当地グルメ、行政サービスの紹介といった定番動画をちょっと変化球にアレンジする手腕が新鮮ですよね。とてもラインナップが豊富なチャンネルなので、実はもっと新しい取り組みもしているのです!また記事で紹介します。

『日本は美しい』海外で絶賛される日本の旅行、観光動画
アイデア光る観光プロモーション「深呼吸、しよう、長崎で。」

この記事を書いた人

ZOOREL編集部/コスモス武田
慶應義塾大学卒。大学時代から文学や映画に傾倒。缶チューハイとモツ煮込みが大好き。映画とマンガと音楽が至福のツマミ。

ZOOREL編集部/コスモス武田の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事