HOW TO・TIPS

TikTok運営初心者の方へ。動画制作担当エディターが考える!TikTok最新トレンドの見つけ方

TikTok運営初心者の方へ。動画制作担当エディターが考える!TikTok最新トレンドの見つけ方

こんにちは!エレファントストーンのエディターの辻です。

私はエレファントストーンに新卒で入社した当初からTikTok動画制作に携わらせていただいています。そこで今回は、TikTok動画制作者が実践する「TikTokのトレンドの見つけ方」をご紹介したいと思います!

TikTok動画制作にあたって、いつもどんなことを意識しているの?

TikTokは多くの場合、「企業やサービスを知らない方々からの認知を拡大し、興味を持ってくれる人を増やし、ファンになっていただく」ことを目的に運営されるのではないかと思います。どんな動画であれば視聴者の目を引き、興味を持ってもらえるのか、日々試行錯誤されている方も多いのではないでしょうか。

そうした中で、TikTok動画制作者として特に意識しているのが「ハードルが低い動画をつくること」です。

例えばエレファントストーンが制作させていただくこともある川崎フロンターレ様のようなサッカークラブが運営するTikTokの場合は、試合中・練習中のかっこいい瞬間をピックアップし動画をつくる場合が多いです。そうした動画は、初心者の方に「それがどうしてすごいのか」が伝わるようにゆっくり魅せて説明するのはもちろん、一般的にトレンドになっていること(最近では猫ミーム等)に乗っかり、「公式のアカウントでもこういった動画をつくるんだ!」というように面白がっていただくことを大切にしています。

そのため、「TikTokのトレンドをリサーチすること」は視聴者の方からの興味に繋げるために何よりも重視したいこととなっています。

TikTok動画制作者が実践する「TikTokのトレンド」の見つけ方

私が日々トレンドを探るにあたって、意識して行なっていることは二つです。

自分好みに最適化されないように幅広く動画を漁る

まず一つ目に大切なのが、「流れてくる動画を偏らせないこと」です!TikTokでは日々自分が「いいね」をつけた動画に基づいて個人の好みを把握し、そのお気に入り動画に関連したものが、おすすめ欄に流れてくるように設定されています。

普段TikTokを見るだけの方にとってはとても便利な機能なのですが、自分好みにカスタマイズされてしまうと、日々のトレンドに追いつきづらくなってしまうというデメリットがあります。

そのため、トレンドを時期を逃さずキャッチしたい方は自分の好みに合った動画にだけ「いいね」を押すのではなく、「こういった動画よく見るなぁ」というものがあれば忘れず「いいね」を押しておくと良いと思います!

私はこれが何よりも大切なのでは、と考えています。

K-popアイドルファンを検索する

トレンドを知るため、私はTikTok内で「#K-popアイドル」と検索して、アイドルのファンが制作した動画をよく見ています。自分の“推し”の魅力を投稿する動画の数々はK-popの幅広いファンの方々が生み出しているため、その時海外で流行している“かっこいい編集方法”や“楽曲”が用いられた動画がすぐに見つかります。

K-popはダンスが注目されることが多いということもあり、TikTokの定番である「音ハメ動画」(映像と音楽が合うように編集した動画のことを指します。 音ハメ動画はリズムやビートに合わせて映像が切り替わるため、インパクトがあり、強く印象に残ることに効果的です)を作成されている方が非常に多いため、「この楽曲を使えば印象に残る動画がつくれるな」と参考にしています。

ちなみに、K-popアイドルの楽曲はTikTokの楽曲使用ランキングに多くランクインするので、楽曲のトレンドを把握するという意味でも注目しています。

 

ちなみに…
一緒にTikTok動画をつくっている二人のエディター仲間にもトレンドの見つけ方を聞いてみました!

エディター 郡山 海
辻さんと同じく、投稿が偏らないように満遍なく見て“いいね”を押すことを意識していますね。有名インフルエンサーの方をフォローして常にチェックすることも欠かせません。
TikTokだけでなくYouTubeショートやXにSNSトレンドが転がっていることは多いので、どうTikTok動画にトレンドを繋げていけそうか?という思考は常に持ちながらSNSを見ています!

エディター 町田 優香
私も、流れてくる動画が偏らないよう満遍なくリサーチすることは意識しています。その中で画面をスクロールして、3回くらい同じような動画が出てきた際は、その動画を深ぼることにしています!
音楽のトレンドにも意識を向けることは忘れず、音楽のランキング上位にランクインしている楽曲を使ってどんな動画が投稿されているのかはしっかりチェックしています!

まとめ

今では誰でも自由に・簡単にスマートフォンで編集して動画を投稿することができるため、一人から生まれたトレンドが、企業や芸能人の公式アカウントにまでトレンドとして広がっていくことも珍しくありません。

TikTokを担当される方は、そのトレンドを見つける第一歩として本記事の「トレンドの見つけ方」を参考にしていただけたら嬉しいです!

 

この記事を書いた人

辻明優奈
エレファントストーンのエディター

辻明優奈の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事