HOW TO・TIPS

YouTube用の動画編集におすすめのソフト・アプリ。初心者でもプロのような編集ができる!

YouTube用の動画編集におすすめのソフト・アプリ。初心者でもプロのような編集ができる!

初めてYouTube動画を編集したい方にとって、どの編集ソフトが自分にぴったりなのか迷ってしまうのではないでしょうか。

クオリティの高いYouTube動画はパソコン上で編集されているのはご存知の通りかと思いますが、今やスマートフォンのアプリでも編集することは可能です。

さまざまなソフトがあると、どれを選んで良いか迷ってしまうと思いますが、ご自身が割ける予算やYouTubeに載せたい動画のクオリティに合わせて編集ソフトを選ぶのがおすすめです。そのためにも、各種ソフトの違いを押さえておく必要があります。

そこでこの記事では、パソコンで使う編集ソフトと、スマホの映像編集アプリをそれぞれご紹介していきます。どの編集ソフトがご自身にとって最適なのかクリアになると思いますので是非参考にしてみてください。

最初にお手持ちのパソコンのスペックを確認する

パソコンで使える編集ソフトをご紹介していく前に、お手持ちのパソコンが編集ソフトをサクサク操作できるスペックが備わっているかどうかチェックしましょう。

スペックが不十分ですと、編集中にラグが起きてしまったり、ソフトごと落ちてしまったりと制作に集中できなくなってしまいます。最低限、下記の2点についてはご確認しておきましょう。

CPU

CPUとは、パソコンの頭脳に当たります。動画編集は多くのデータを処理するため、CPUが足りていないと、スムーズな動画編集ができなくなってしまいます。

最もメジャーなCPUである「Intel社のCore iシリーズ」を例に出しますと、IntelのCore i5以上であれば十分動画編集ができるスペックがあると言えます。ただし、4K以上の動画を制作したいのであれば、IntelのCore i7以上がおすすめです。

お手持ちのPCが動画編集に耐えうるCPUを搭載しているかどうかは、第一にチェックすべきポイントです。

メモリ

一般的に、動画編集に必要なメモリは最低でも16GBと言われています。動画編集ソフトを動かす際にメモリが不足していると遅延が起きてしまったり、編集途中なのにソフトごと落ちてしまうことも。そのため、作業効率の為にも妥協してはいけないポイントと言えます。

なお、メモリが足りなくても増設することは可能です。メモリが足りないのであれば、増設することも検討してみてはいかがでしょうか。

動画編集ソフトの対応OS

使う予定の動画編集ソフトの対応OSも、事前にチェックしておきましょう。例えば、プロユースで有名なFinal Cut Pro(ファイナルカット・プロ)というソフトはApple社が制作しているので、Windowsパソコンでは使うことができません。

編集ソフトを選ぶ際にはお手持ちのパソコンのOSに対応しているかどうかは必見のポイントです。

パソコンでYouTube動画を編集したい方におすすめの編集ソフト

それでは、パソコン上で編集する際におすすめな動画編集ソフトをご紹介します。

※なお、制作するYouTube動画のクオリティにこだわりたいのであれば、パソコンでの編集をおすすめします。

1、Adobe Premiere Pro(アドビ・プレミア・プロ)

  • 特徴:動画編集ソフトの王道。YouTubeの動画にはもちろん、ハリウッドの映画も作られるプロユース編集ソフト。
  • 料金プラン:月額¥2,480(無料期間あり)
  • 対象:中級者〜上級者
  • 対応OS:Mac、Windows
  • 編集部コメント:
    プロユースの編集ソフトです。「プロが使っている」と聞くと操作がとても難しそうに感じられるかもしれませんが、数週間あれば慣れるはずです。機能をあげたらキリがなく、その分だけ表現の幅が無数にあります。今やハウツー動画をYouTuberが出しており、初心者の方でも挫折しにくくなっています。今後、本格的にYouTube動画を作っていきたい方には是非ともおすすめしたい編集ソフトです。

2、Final Cut Pro(ファイナル・カット・プロ)

  • 特徴:Premiere Proと並んで人気の本格派編集ソフト
  • 料金プラン:¥36,800(90日間の無料トライアルあり)
  • 対象:中級者〜上級者
  • 対応OS:macOSのみ
  • 編集部コメント:
    先述の通り、対応しているのがmacOSのみです(Windowsパソコンでは使えません)。iMovieの高機能版とも言われており、直感的な操作が可能。Final Cut Proで編集されて作られているテレビ番組もあり、プロユースの本格編集ソフトです。
    iMovieを使ったことがあるけれど物足りず、もっと表現の幅を広げたいと思っている方にピッタリです。
    なお、Final Cut Proはソフト買い切りのため初期費用として¥36,800がかかりますが、一度買ってしまえばその後は追加費用が発生しないので、結果としてPremiere Proよりも安上がりになることも。どちらにせよ、無料期間が90日と良心的なので、興味がある方はトライアルしてみるのが良さそうです。

スマホでYouTube動画を編集したい方におすすめの編集アプリ

続いては、スマホで編集ができるアプリを3つほどご紹介していきます。どれも使いやすく、YouTubeに載せる動画としても十分な映像を作ることができるアプリばかりです。

また、料金もパソコン上での編集ソフトよりも安価な傾向にあるので、コストを抑えたい方にとってもおすすめです。

1、Videoleap(ビデオリープ)

  • 特徴:カット編集、BGM挿入、テキスト挿入、縦動画の編集など基本的な機能は全て網羅している。
  • 料金プラン:月額¥850円(無料プランあり)
  • 対象:初心者〜中級者
  • 対応OS:iOS・Android
  • 編集部コメント:
    直感的な操作ができ、初心者の方でもすぐに本格的な動画編集ができます。特に、ポップなエフェクトを使いたい方におすすめです。無料版でもウォーターマーク(アプリのロゴ)が入らず、十分編集が楽しめるので、何度か使ってみて有料プランにするか決めてみるのが良さそうです。

▼関連動画:アプリの使い方と作例

2、iMovie(アイムービー)

  • 特徴:カット編集、BGM挿入、テキスト挿入といった基本的な操作ができる。
  • 料金プラン:無料
  • 対象:初心者
  • 対応OS:iOS
  • 編集部コメント:
    iPhoneユーザーであれば無料で使うことができる言わずと知れた動画編集アプリです。基本的な動画編集機能が使える一方で、フォントの種類やテロップの位置が限られているので、自由に編集したい方にはあまりおすすめできない側面があります。

3、Adobe Premiere Rush(アドビ・プレミア・ラッシュ)

  • 特徴:パソコンで行うような本格的な動画編集をスマホ一台で行える。
  • 料金プラン:月額¥980(無料プランあり)
  • 対象:中級者〜上級者
  • 対応OS:iOS・Android
  • 編集部コメント:
    アドビ社によるソフトです。無料トライアルは可能ですが、基本的には有料(月額)なので「プロユースのソフトで本格的な編集を行いたい!それもスマホで。」という方におすすめです。初心者向けと言うよりは、ある程度動画編集に慣れている方(特にAdobe Premiere Proに使い慣れている方)におすすめの動画編集アプリです。

▼関連動画:アプリの使い方に関する動画

まとめ:迷ったら、Adobe Premiere Proを選ぼう

ここまで、YouTube動画の編集ソフト/アプリをご紹介してきました。それぞれの特徴や使用感の違いが伝わっていると幸いです。

それでも、どの編集ソフトを使うべきか決めかねているのであればAdobe Premiere Pro(アドビ・プレミア・プロ)一択かと思います。※本サイトを運営する株式会社エレファントストーンの映像クリエイターはPremiere Proを使っています。

操作に慣れるまでは一苦労あると思いますが、YouTube上にハウツー動画が溢れており、まったく初めての方も迷うことが少ないと思います。

YouTube上のクリエイターはソフトの使い方はもちろん、表現方法についても紹介してくれているので楽しく動画編集のハウツーを吸収していけるはずです(何といっても、そういったコンテンツが無料で見られるなんてありがたい時代になりました……)。

また、Adobe Premiere Proは無料期間があるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

初心者だからこそ動画編集アプリ・ソフトは機能にこだわろう
スマホひとつで動画編集!初心者におすすめなアプリ5選

この記事を書いた人

登陽一朗
エレファントストーン経営戦略室企画課所属

登陽一朗の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事