SPECIAL

『マンションムービー.com』より送るおすすめ地域(その1)

『マンションムービー.com』より送るおすすめ地域(その1)

エレファントストーンが運営する『マンションムービー.com』は不動産に特化した動画制作・映像コンテンツ制作をしています。

東京オリンピックが決まって以降伸び盛りだった不動産の価格。一方で、2020年以降はどうなの? 新型コロナウィルスによって落ちるのでは? と思われつつ都心のマンションについてはさらに価格が上がっているようです。

不動産に勤める友達に話を聞くと『目黒で5年前に買った物件が、購入時より1,000万円プラスで売れた』とか景気の良い話を聞きます。

なんでも新しい生活様式、テレワークといった言葉によって家にいる時間が増えたことで他にお金を使わなくなった代わりに「仕事部屋が欲しい」とか「どうせなら広い部屋に引っ越したい」といった需要が増えているそうです。

かくいう私も近くに良い物件はないかと探し中の身。しかし、なかなか良い物件には巡り合えません。特に都心の2LDKや3LDK以上の広い部屋は売買がより活発になっています。部屋数が多い不動産はもとより賃貸では余りで回らないほどで、売買も住宅ローンなどの金利が安く今がチャンスと思っている人が多いようです。

そこで今回は私が独断と偏見で『マンションムービー.com』の制作実績から良いなと思った地域の動画を紹介します。

ザ・パークハウス青葉台二丁目(青葉台)

この動画のすごいところはひたすら青葉台を語るだけで3分すぎているというところですね。

「青葉台」って知らない人にはなじみがないのかも知れませんが高校を神奈川県で過ごした私にとっては高級住宅街の一つでした。今でもたまに青葉台にある病院へ行くのですが、駅前に大きなスーパーや駅ビルがありながらも、少し歩くと自然があって、地元独特の凝った料理屋とかもあるというのがこの町の良さなのかなと思っています。

三菱地所レジデンスのマンションというのはいわゆる高級マンションで、場所にもよりますが有料のテラスがあったり地下にシアタールームやパーティールームがあったり、入った瞬間にソファが置いてあったりと「このマンションは違うな」と思わせてくれるのですが、マンションの紹介はゲートのみで街並みを推しているというのがとても響きましたね。

エアヒルズ藤沢(藤沢)

都心の広いマンションが人気がある、という一方で郊外でより広さを求める、自然を求めるという人たちも増えているように思います。私の友達でも(いつかまた)サーフィンをしたいので藤沢のほうに引っ越したという友達がいます。

私は湘南方面にも3年ほど通っていたのですが、当時は電車の中で学生とサーフィンをする人、江の島に観光をする人が入り乱れていて週末はとても勉強をする気分でなかったのを覚えています。そして、打ち上げをする、何かをするというとみんなで藤沢駅周辺に出たものです。

藤沢の魅力はやはり海で少し電車や車で移動すると海にいける、一方でJR、小田急が通っていて横浜や東京への利便性もあり、街並みも都会的という攻守最強のようなところでしょうか? それでいて高騰する不動産業界の中で手の届く価格で収まってくれるのが魅力です。

リビオ荻窪(荻窪)

こちらの動画はマンションから荻窪駅までのルートを紹介している動画です。徒歩で3分、バスで4分、計7分で行けるよ、ということで地理的に不安なお客様へ向けた紹介なのかと思います。荻窪にも3年ほど通っていたことのある私ですが、荻窪の中を何か所かその間に点々としていました。

その中で荻窪の色んな方面に出向いても余り困らず。商店街が続く限りはずーっと機能していて街が広いことを実感しました。駅前のスーパーだけじゃなくて古くから続くラーメン屋(私は丸福や丸信をよく食べていました)、焼き鳥屋があって商店街が活気づいています。

スーパーも西友(よくソフトクリームを食べていた)に加えてザ・ガーデン自由が丘と高級スーパーもあり、歩いた先にOKストアがあります。

通いながら住みやすいだろうなぁと思っていた町が荻窪でした。この動画はバスルートでの紹介ですが駅前に出なくても衣食住が足りちゃうのが荻窪だな、と動画を見ながら思い出しました。

以上、勝手に3つの動画からおすすめの地域を紹介しました。『マンションムービー.com』は2,000物件以上の撮影実績 分譲マンションに特化した映像コンテンツ制作をもとにエレファントストーンが送るサービスです。是非ご活用くださいませ。

この記事を書いた人

ZOOREL編集部/黄鳥木竜
慶應義塾大学経済学部、東京大学大学院情報学環教育部で学ぶ。複数のサイトを運営しZOORELでも編集及び寄稿。引きこもりに対して「開けこもり」を自称。毎日、知的好奇心をくすぐる何かを求めて街を徘徊もコロナで自粛中。

ZOOREL編集部/黄鳥木竜の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事