MARKETING

好感度を感じるのはわずか30%!好感度の高い「CM」はコレ

好感度を感じるのはわずか30%!好感度の高い「CM」はコレ

CMの好感度を毎月調査している組織がある。CM総合研究所(CM総研)だ。

公式サイトによると

「CM総合研究所は平成元年から生活者の「好き」を観測し続けています。
CM好感度をはじめとしたさまざまなデータやコンサルティング活動を通して、
あらゆる広告コミュニケーションの最適化をサポートいたします。」

とコメントしている。

実は毎月オンエアされているCMは4,000件にも及ぶという。しかし、そこから1票でも好感度が高いと表が入るのは約30%の1,200件、好きなCM印象に残るCMを作ることはとても大変だとわかるだろう。

「わずか数十秒の映像」に思いを込めるのはいかに難しいことだろうか。今回は2021年6月のCM好感度ランキングを実際にお届けるするぞ。

2021年6月 CM好感度ランキング (CM総合研究所調べ)

1位 ゼスプリインターナショナルジャパン 『ゼスプリ キウイフルーツ』

1位はまさかのキウイフルーツのCM。母親がよく栄養素が多いからキウイを食べなさい、と私に送ってくるのだがこのCMの影響だった?

2位 日清食品『カップヌードルシリーズ』

半世紀以上続く日本が誇るカップラーメンはCMでも上位の好感度に。

3位 Uber Japan『Uber Eats』

Webサービス、アプリの広告を数多く見るようになったが、その中でナンバーワンはUber Eatsであった。確かに街中でよく見かけるようになったね!

4位 BASE『BASE』

インパクト抜群のCMはBASE。喧嘩のように見えてダンスで締めるというインパクト。ECプラットフォームとして伸ばしているが、勢いを感じるCMだ。

5位 三井不動産リアルティ 『三井のリハウス』

唯一不動産業界からのエントリー!古き良き日本的な王道の好感度と言う感じでしょうか。以上1位~5位をお届けしました。あなたが好感度を感じたCMはあったでしょうか?

キャスティングで話題を呼んだユニークなビジネス系CM
「家族の絆」を描いたグッとくる感動系CM

この記事を書いた人

ZOOREL編集部
エレファントストーンで開催される月1会議でのプレゼンテーションや、社内研修をもとに記事を作成、更新します。

ZOOREL編集部の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事