SPECIAL

カメラマンのYouTubeチャンネルを見てみよう

カメラマンのYouTubeチャンネルを見てみよう

エレファントストーンのディレクター 奥野です。

映像だったり、写真だったり、編集だったり、何か新しい技術を始める時って、必要なものに始まり、技術的なことや、作品を作る上でのスタンスとかいろいろなことを考えてとっちゃらかった結果、「ハードル高いなぁ…」ってなってしまうことありませんか。

自分も大学で一から映像製作や写真を勉強し始めた時、それを仕事にするには何からやればいいのかと考えた記憶があります。考えますよね。なんなら正解は一つではないですし。

そして本題なのですが、このご時世YouTubeを通して様々な肩書きを持つ方々が、いろいろなvlogや動画投稿をしていますね。今回は、その中で写真や映像を始める前に見たかったなと思う写真家のYouTubeチャンネルを紹介します。(なぜ写真家なのかっていいますと、映像作家のYouTuberが調べた限り少ないという背景があります)

カメラマン 野村誠一 YouTubeチャンネル

ピンク・レディーに始まり、数々のアイドルを撮影してきた野村誠一さんのYouTubeチャンネルです。

技術的なところから、制作背景まで緩く説明されているチャンネルで、勉強になります。

自分はディレクターですが、やはりお客さんに満足してもらえるクオリティー、本当にニーズに答えれる様な作品を作るには、通常のルーティンワーク的なものから、一歩無理をするというか、考え方を変えて自分を追い込まないとできないのだなと思います。簡単に話している様でいて、その実かなり分析して製作に打ち込んでいることが撮れ高を見ると分かりますね。

写真家 鈴木心 / 鈴木心写真館 YouTubeチャンネル

プロ写真家 鈴木心さんのYouTubeチャンネルです。鈴木心さんはきっと見たことない人はいないのではという写真を撮られている方で、被写体の人間味がじわっと出る様な生き生きとした素敵な写真を撮られています。(以下写真は鈴木心についてより)

個人的に昔から憧れの写真家さんの一人だったのでYouTubeチャンネルが開設された時は感動しました。

映像の中で語られる撮影技術うんぬんももちろん勉強になるのですが、仕事や撮影に対するスタンスが熱くてかっこいいですし、あぁこういう方だから高いクオリティで素敵な製作を毎回できるんだなと感じます。写真家って自分でもディレクションする仕事だと思うのですが、コミュニケーション能力や視点、自分らしさは何かなど様々なことを学べます。

また、動画を見ていると、良い意味で定式に当て嵌めすぎないことも重要なんだなと感じます。特に正解がないと言われている技術的な部分で、結果的に素敵な作品になるのであれば、柔軟なやり方で個性を突き詰めていいし、製作技術的な過程って自由なんだなだと勇気をもらえたりもします。

カメラマンとか監督とか、なり方は正解があるわけではないですが、製作がてら、少し参考にプロの第一線で活躍する方々のスタンス、考え方を見ることは、肩書き関係なく同じ製作者として、学ぶことがあります。よかったら見てみて下さい。

>>マルチクリエイターから学ぶ演出表現【写真家×映像作家】

この記事を書いた人

奥野尚之
エレファントストーンのディレクター。好みの映像は、『天使の涙』『めがね』『Fish Tank』『20th Century Women』。

奥野尚之の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事