MARKETING

住環境をよくしよう「エクステリア」動画に人が集まるわけ

住環境をよくしよう「エクステリア」動画に人が集まるわけ

以前取り上げたVR内見をはじめ、新型コロナウイルスの影響によって大きなイノベーションが起きている不動産業界。

これまで「現地へ行く」ことの重要度が高かった業界ですが、内見、売買、契約、会議といったさまざまな局面でオンラインでのリモート化が進む中、内見だけでなく動画・映像で活路を見出そうという取り組みが広がっています。

その中でも不動産に興味がない人でも人気があるのが「エクステリア」です。

ウイズコロナ・アフターコロナ時代では、家にいることが多くすでに住んでいる場合でも住環境をよくしよう、リフォームをしてみようという方も多く引っ越す方だけでなく全方位から映像制作の重要性が日に日に高まっています。

そこで今回は、再確認の意味もエクステリアの映像具体例をいくつかご紹介します。

エクステリアとは?

コロナ以降、巣篭もり時間の増加によって重要が高まっているのがエクステリア関連の動画です。あまり聴き慣れない単語のエクステリアとは「家の外側」のことを指し示す言葉で、インテリアと対になる概念として捉えると分かりやすいかもしれません。

具体的には門やフェンス、アプローチ(通路)、デッキ・テラス、カーポート・ガレージ、植栽、照明などがそれに当たります。特に顧客の関心が高いエクステリアは、お庭まわり。

こちらは兵庫県を中心にエクステリアのリフォームを請け負うフィーリングガーデンさんの動画で、ビフォー/アフターの変化がとても楽しいです。

一人暮らしの物件探しだと庭がないことも多くあまり気にしない項目ですが、一戸建てのリフォームや高級賃貸物件探しといったジャンルにおいてエクステリア関連の映像のニーズは非常に高いものがあります。

これはCAD(コンピュータによる設計・製図)によって作成されたエクステリア映像の事例。

エクステリア造園を手がけるオーセブン造園さんのプロモーション動画で、新築一戸建ての完成予想図が、ドローンのような視点からバーチャルで描かれています。(ドローンを活用した実際の事例は次に紹介)

家族で暮らす人には、芝生なのか?デッキなのか?など子供の遊び場所の見極めとしてもエクステリアはきわめて重要なチェックポイントとなります。

「家の内側」にあたる部屋の内見のVR化が加速しいる昨今ですが、今後は「家の外側」にあたるエクステリア関連の動画においても同様の革新がなされていくかもしれません。

リフォームも!?

エクステリアも部屋の内装も工事を請け負うコマショウさんのYouTube動画。

リフォーム動画がオススメですが、珍しいのはライブ配信も行っていること。動画とライブ配信をうまく使い分けることで、自分たちの考え、事例紹介など幅広くアピールしています。

建物周りをぐるりと一望!エクステリアにおけるドローン活要事例

上の事例からも分かるように物件とはなにも「部屋」だけにとどまりません。庭や玄関、敷地、建物の外観といった周辺環境も重要なファクターです。そんな建物周りのエクステリアを映像化することによって、ユーザの関心をよりいっそう惹きつけることが可能です。

こちらは、新築マンションの建物周りをドローンで空撮した三井不動産レジデンシャルの動画。高所得者向けのパークタワーが有する広大な敷地をスタイリッシュな映像で紹介しています。こんなところに住んでみたい!というユーザーの憧れを喚起するのに十分な文句なしの仕上がりですよね。

とりわけハイグレードな賃貸物件の紹介において、こうした周辺環境の映像が不可欠であることがよくわかる一本だと思います。また、ドローン撮影との親和性の高さも画面からひしとしと伝わってきます。

このように不動産業界やそれを取り巻く業界では、内見、不動産そのものに注目した先にすでに動いています。確かに暮らしていく上で庭や環境はより大事ですよね。

当サイトを運営している映像制作会社エレファントストーンは、不動産の映像制作サービスサイト『マンションムービー.com』を運営しています。周辺環境やミニシアター、テレビCM、シアター映像など幅広い制作実績をご紹介しているので、よかったら遊びにきてくださいね。

この記事を書いた人

ZOOREL編集部/コスモス武田
慶應義塾大学卒。大学時代から文学や映画に傾倒。缶チューハイとモツ煮込みが大好き。映画とマンガと音楽が至福のツマミ。

ZOOREL編集部/コスモス武田の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事