MARKETING

あなたのビジネスでVlogを始めるべき理由

あなたのビジネスでVlogを始めるべき理由

約1年前、動画で日常を収めた「Vlog」が流行る兆しであることをしたためた。それから1年が経ちVlogは日本でも浸透してきていると思う。だが、それはあくまで個人単位での話。ビジネスではまだまだ「Blog」頼りというところも多いのではないだろうか。

今回は「Blog Vs. Vlog: Why Your Business Should Begin Vlogging(著者:テリー・ベッカー)」「Blogging vs YouTube (Vlogging)(著者:プラモド)」をはじめとした海外のサイトを踏まえて、Vlogを今ビジネスで始めるべき理由を紹介したいと思う。

Vlogって何?

ここでおさらいをしよう、「Vlog」って何? という読者もいるだろうからだ。「Vlog」とはその文字の通り、Video+Blogの略である。つまり、Blogを動画形式で配信することである。「Vlog」という名前こそ最近の流行であるが、要は日常を切り取った映像を投稿することであり、海外では10年以上前から存在するジャンルである。2004年頃から火がついたとされている。

あなたがビジネスでVlogを始めるべき理由

1.簡単

現在、YouTubeの動画を作成するのはとても大変になっている。売れている人たちはチームになっていて、編集、アシスタント、出演者、所属事務所……とタッグを組んでいるからだ。当然、機材にも中身にもお金がかかっている。あなたは小さなテレビ局を相手に戦いを挑むようなものだ。だが、Vlogはスマートフォン一つあれば撮影ができる。Blogで書けば長くて表現のしづらいようなものも、Vlogならもっとシンプルに見せることができる。

2.無料

Blogをビジネスレベルで始めるには無料では難しく、デザインやCMSなどの構築に初期投資がかかる。Vlogは、1080p、4K、または720pビデオを記録するカメラまたはスマートフォンがあれば無料で始めることができる。YouTubeチャンネルの開設も無料だ。

3.個人をアピールできる

Vlogではあなたのビジネスにかかわっているメンバーを映像を通して見ることができる。YouTubeではまこなり社長のように個をアピールすることに成功してビジネスにも良い影響を与えている人たちがたくさんいる。動画の視聴者はダイレクトにあなたたちに関わることができる。特にライブ配信ではその傾向が顕著だ。ところが、Blogでは企業系アカウントではコメントが閉鎖されていることも多いし、書き手がわからないことも多いのでコミュニケーションが成立しない。

4.ライバルが少ない。

『IAN CARNAGHAN』によると、過去に何千万人もの学生、退職した専門家、失業中の人がBlogで一発あてようと収入を夢見てBlogを始めているという。新しいサイトはGoogle検索で上位にくるのは難しい。毎日質の高いコンテンツを更新する必要があるからだ。

Vlogも最近のYouTubeは収益化に一定の制限があるためすぐに収入を得ることは難しいだろう。ただし、Vlog市場は今まさに成長中のジャンルだ。飛び込んでいける余地はBlogよりはあるはずだ。

5.スマホ向け

スマートフォンではBlogを読むよりも動画を見ることの方が簡単です。そして、『Wordstream』によると、動画を見た人の92%が共有をしたがる傾向にあるのだとか。

Blog vs Vlog

ここまで見るとVlogかBlogかという2択のように思える。実際、『Te Humble Penny』はBlogかVlogか始めるのは一つにするべし、としている。

しかし、両方を行うのもありだという意見もある。例えば、Blogはインフォグラフィック、箇条書きのリンクに強い。文字としてGoogle検索に引っかかるという強みもありVlogと併用することでより魅力的な情報を提供できるからだ。どちらも、視聴者に情報を提供することができるが、結局最後にものをいうのは作成するコンテンツの品質だということは忘れてはならないだろう。

ーーー

▼「Vlog」をやってみたい方
こじはるも始めている「Vlog」とは何か?
誰でもできる「Vlog」の始め方(準備編)

▼「VLog」を見てみたい方
ただの旅動画とはひと味違う、ユニークな旅Vlog4選
いち営業マンが、平日ルーティンVlogを撮ってみた結果…

この記事を書いた人

ZOOREL編集部/黄鳥木竜
慶應義塾大学経済学部、東京大学大学院情報学環教育部で学ぶ。複数のサイトを運営しZOORELでも編集及び寄稿。引きこもりに対して「開けこもり」を自称。毎日、知的好奇心をくすぐる何かを求めて街を徘徊もコロナで自粛中。

ZOOREL編集部/黄鳥木竜の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事