MARKETING

B2Bビジネスでの動画マーケティングの効果4選

B2Bビジネスでの動画マーケティングの効果4選

映像・動画はB2B(BtoB)でこそ有効。今回は『lead feader』より」B2B動画マーケティング:戦略を開始するための6つのヒント(原題:B2B Video Marketing: 6 Tips to Start Your Strategy、ダニエル・アントス作)」などをもとに自らの体験を入れながら紹介します。

記事後半では、手間もコストも抑えて効果的に動画を活用する為の【動画活用用途&再利用方法ケーススタディ資料】の無料DLも頂けます。

はじめに

毎日10億時間以上のYouTube動画が視聴されています。猫の動画からコメディ番組やハウツー動画まで、動画はさまざまな目的に役立ちます。実際、マーケターの83%は、映像・動画によるコンテンツがこれまで以上に重要になっていくと考えています。

動画マーケティングは急速にB2B企業のトップマーケティング戦略になりつつあるのです。Heinz Marketingの調査によると、組織の68%が2020年に動画マーケティングへの投資を増やすことを計画しています。

B2Bビジネスこそ、動画コンテンツはブランディングに役立つでしょう。

・顧客エンゲージメントを改善する
・視聴者維持率を高める
・SEO、ブログ、ソーシャルメディア、その他のマーケティング活動をサポートする
・B2B販売サイクルのさまざまな時点でクライアントにリーチする
・効果的なリマーケティングキャンペーンを作成する

つまり、B2Bの動画マーケティングは、最も強力な差別化要素であり、自由に使える見込み顧客の育成ツールともいえるのです。

B2Bビジネスでの動画・映像の効果4つ

購入の障壁を乗り越える

購入者の購入プロセスには、1人から6人の関係者がいると言われています。つまり購入に至るまでには多くの障壁があるのです。映像・動画は、ユーザーがこれらの障壁を短期間で突破することに役立ちます。

HooteSuiteをご存じでしょうか? 1,800万人以上が使用する世界的に有名なSNSの管理ツールです。私も使用しているのですが、それまでSNSの管理といえば大企業は広告代理店へアウトソーシングし、中小企業はニッチもサッチも行かない中で空き時間に担当者がアナログに分析するというものでした。

2018年にHootSuiteは大きくリニューアルしたのですが、その際に従来の顧客がSNSでもらした不満ツイートを読み上げ、最後にそこを克服したという動画を作成しました。それにより、前年比35%の収益成長を達成したといいます。自虐により、Hootsuiteはどこで問題が発生したかを認識し、どのように修正したかを共有したわけです。それが、ユニークで信じられないほどの効果を生み出しました。

動画は短く楽しく

記事コンテンツに関しては、トラフィックとコンバージョンのために長い方が適している傾向があります。しかし、動画の場合はそれとは反対に短く楽しくするといいでしょう。

2018年の調査によると、B2Bによって作成された動画の75%は2分未満です。2017年には56%でしたのでより短くなってきているのです。見込み顧客がすでに問い合わせをしていてあなたのことをよく知っている場合では、ケーススタディや詳細なハウツー動画など長い動画がうまく機能する場合があります。ただし、一般的には、短い動画の方が効果的です。

日本で現在、長いCMを見られるのはタクシーだと思います。タクシーに乗っていると長いなぁと思うのですが、タクシーCMでは1本の長さは60秒以内と決められています。

ZOORELでも過去に取り上げた「ヒラメ筋CM」で話題のベルフェイス、これもYouTubeにアップロードしているCM動画は全て30秒台でした。

マーケティングのように感じさせない

動画コンテンツは、認知度を高めるだけでなく、直接的なコンバージョンを促進することもできます。Salesforceの例です。

Salesforceの直接的な内容ではなく、彼らの顧客の1人である銀行会社Barclaysに関するものです。映像は目標到達プロセスの途中にいる見込み顧客を対象としています。Salesforceについて聞いたことがあり、Salesforceの機能については理解していますが、まだ導入するには至っていません。

おじさんがただ喋っているわけですが、それでも4.7万回再生されています。

特定のSalesforce機能について話すのではなく、SalesforceがBarclaysの成長を支援した特定の方法に焦点を当てています。それはより自然で、マーケティングのようには感じません。

コンテンツの再利用

とはいえ映像や動画を始めるのは大きな労力がかかります。動画マーケティングを開始する最も簡単な方法の1つは、既存のコンテンツを「スライドショー」のように動画に変換して再利用することです。

Smart Insightsは、72%の人が新しい製品やサービスについて学ぶために動画を見ることを好むことを発見しました。記事、静止画を動画にすることで、見込み客が彼らの好みのフォーマットでコンテンツを閲覧することを可能にします。

どんな場面・目的でどういった動画を使うべきか、

1本の動画にどんな工夫をすることでコストを抑えて

異なる用途で使いまわせるかをまとめた資料はこちら!

 

まとめ

大事なことはもはや映像や動画は「優れた良いもの」「未来的なもの」「やれたらいいなぁ」ではなくマストになってきています。B2Bマーケティングの世界ではなくてはならないものです。

toCにもtoBにもおすすめ「企業PR動画」の目的と活用事例
「欲しい!」と思わせる商品紹介動画の作り方とは? 事例を踏まえて解説!

この記事を書いた人

ZOOREL編集部/黄鳥木竜
慶應義塾大学経済学部、東京大学大学院情報学環教育部で学ぶ。複数のサイトを運営しZOORELでも編集及び寄稿。引きこもりに対して「開けこもり」を自称。毎日、知的好奇心をくすぐる何かを求めて街を徘徊もコロナで自粛中。

ZOOREL編集部/黄鳥木竜の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事