SPECIAL

会社説明会動画でできることと動画事例

会社説明会動画でできることと動画事例

こんにちは!エレファントストーンの秋山です。

説明会動画は、就活生・転職者へ、言葉やテキストだけでは伝わりにくい会社の雰囲気や社員の人柄を伝え、企業理解を促進するのに役立つツールです。特に、コロナの影響で説明会がオンライン化している昨今。タッチポイントがSNSやWebに大きくシフトしているからこそ動画をネット上に公開することで潜在的求職者へのアプローチにもなります。

会社説明会動画でできること

最初に参加者の心を掴む

説明会動画にもさまざまありますが、オープニングに流すための動画を作るケースがあります。これは参加者の興味を引き付けて、モチベーションをあげることにつながるだけでなく、説明会終了後の印象にも残りやすくなるというメリットがあります。

説明会に参加できない就活生・求職者の不安を払拭する

コロナの影響もあり予定していた説明会自体を実施できなくなった企業様も多く、「オンライン会社説明会用の動画をつくりたい」というお声をいただく機会が増えました。就活生や求職者もこれまでのような方法での情報収集、就活・転職活動ができなくなり、不安に感じている方も多いことが予想されます。

動画はインターネット環境さえあればいつでもどこでも視聴可能ですから、動画を活用すれば就活生や求職者へのアプローチ、そして不安払拭にもつながります。

現場の雰囲気を伝え、入社後のギャップを減らす

言葉やイラストだけでは伝わりにくいのが現場の雰囲気。スタッフのインタビューや働いている姿、オフィスの風景などを映像に盛り込むことができる映像は、実際の現場の雰囲気が伝わりやすくなります。入社後に「イメージしていた雰囲気と違ってた」と思われてしまうのは、その方にとっても、企業にとってもよいことではありません。そうしたイメージのギャップを減らすためにも映像が有効です。

企業理解を促進し、応募者のスクリーニングを行う

歴史や考え方、事業、人、制度など、応募者に伝えたいことを会社に合ったかたちで表現できるのが説明会動画の魅力です。選考に進む前に動画を視聴してもらえば、応募者のスクリーニングにもつながりますし、その後の選考もより有意義になるといえます。

会社説明会動画の事例

最初に掴む「BRAIHA WORKS」の説明会オープニングムービー

東京と大阪で広告・デザイン制作を展開している「BURAIHA WORKS」の説明会オープニングムービーです。オフライン説明会では、参加者は緊張や不安を感じている可能性も高いです。このような動画を最初に流すことで雰囲気を変え、参加者の心を掴んで期待値を高めることで、その後の説明会の雰囲気もよくなることでしょう。モーショングラフィックスという手法を用いた動画でかっこよく演出することで、クリエイティブな会社であることを認識させます。

ドキュメンタリー風にストーリー展開「アネスト岩田株式会社」の事業紹介映像

スプレーガンやコンプレッサなどの製造・販売を行っている「アネスト岩田株式会社」の新卒採用向けの事業紹介映像です。同社が展開している事業の理解・認知の向上と、創業の精神をバックボーンとした市場に開ける独自性や成長性を訴求している作品。BtoBだからこその伝わりにくい事業内容や働く人の様子、思い。それらを映像に盛り込み、独自の魅力として伝えています。

一般的な企業PVのようなパートごとの紹介ではなく、ひとつの読み物として成立するようなストーリーを意識した構成を組んでいるのが特徴です。

オフライン説明会のためのオンライン事前説明を行う「スマートキャンプ」

スマートキャンプの会社説明動画は、画面右横にスライドを表示して説明をしていく、シンプルなスタイルの動画です。代表や経営陣、組織体勢、ビジョン・ミッション・バリュー、事業説明などお話が展開されていきます。

同社は随時会社説明会(オフライン)を行っているとのことですが、「実際にお会いする時間には対話を中心とした説明会をしたい」そう。当日の限られた時間を参加者にとって少しでも有意義にするために、この動画を配信されているようです。

就活サイト「ONE CAREER」による企業ライブ説明会

2020年3月よりスタートしたのが、月間100万人が利用する就活口コミサイト「ONE CAREER」を運営する株式会社ワンキャリアによる「ワンキャリアLIVE」。毎日、YouTubeで企業によるライブ説明会が開催されています。6月は「インターン締切直前 LIVE」と銘打って、大手企業や優良企業がライブ説明会を行っていました。

例えば、ビジネス課題をデザインで解決するデザインカンパニー「Goodpatch」さん。

リアルタイムで参加すれば、質問を送れば回答してもらえたり、仲間と繋がれたりするチャンスもあります。たとえリアルタイムで参加できなかった方もアーカイブを見返せるのがいいですね。応募者のスクリーニングにもつながりますし、面接の時間を質疑応答にフォーカスして有意義にすることも可能です。

採用に効果的な説明会動画を作るために

抱えている課題に対する、動画の役割を明確にする

そもそも説明会動画を作りたいと思ったきっかけ・背景や、現在抱えている課題感などを明確にしておくと良いでしょう。説明会動画といっても、業界や企業、抱えている課題によって企画そのものがガラっと変わります。制作会社はその課題解決を一緒に目指すために、どのような動画がベストなのかをご提案いたします。

求職者の目線に立つ

企業として求職者に伝えたい情報はたくさんあるかもしれませんが、求職者の目線に立った動画を制作することが重要です。求職者はさまざまな企業の情報収集をしているはずですから、その中で見てもらい、興味を持ってもらい、理解してもらうことは容易ではありません。求めている人材がどんな情報を知りたいと思っているのかについて、想像しておくことも重要です。

プラットフォームを選び

説明会動画といってもさまざまありますし、作って終わりではなく、ターゲットに見てもらう必要があります。ただし、採用ステージやターゲット、課題によってベストなプラットフォームも動画形式も異なります。具体的なプラットフォームや活用場所についても提案してほしいという場合は遠慮なくご相談ください。

説明会動画制作にかかる費用と期間

そもそも動画制作にかかる費用は、主に企画や撮影、編集の各工程にかかわる「人件費」と、スタジオや機材、キャストなどにかかる「諸経費」で構成され、これらの見積もり項目の足し算で決まります。

そのため、説明会動画を作る際には何社か見積もりをとって、各社の見積もりに違いが生じている理由について把握していただくことをおすすめします。

説明会動画であれば、他社との差別化を図り自社ならではの特徴・魅力を最大限表現するためにも、企画・構成はテンプレートではなく、オリジナルで制作することをおすすめします。もちろんオリジナルの企画・構成は費用が高くなる傾向にはありますが、その分、課題・目的に沿った他にはないアウトプットを実現できます。

企画・構成に費用をかける分、自社で所有する素材や場所をご提供いただくことで費用を抑えることも可能です。過去に使用したサービスの画像データや、別の用途で使用した動画素材を用いる。撮影場所はオフィスを利用するなどすると、全体の費用を抑えつつ動画制作ができます。

また、撮影にかかる機材や人件費は日数に応じて料金が発生します。そのため、予算が限られている場合は撮影日を少なくするような企画・構成の工夫が必要だといえます。

・  ・  ・

当社エレファントストーンは、一社一社のお客様のご要望が決められたプランに当てはまるものではないという考えのもと、ヒアリングに重きを置きながら完全オリジナルプランで映像制作をすることを大切にしています。予算が限られている場合でもご安心ください。その予算内でできうる限りクオリティの高い動画をご提案させていただきます。

説明会の制作事例はたくさんございますので、もっと事例を見てみたい、費用感・スケジュール感を知りたい、その他動画・映像制作にまつわるさまざまなご相談を下記フォームより承っております。ご相談は無料ですのでまずはお気軽にご連絡ください。

この記事を書いた人

秋山真衣
エレファントストーンのWebマーケター。山梨県南アルプス市出身。

秋山真衣の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事