SPECIAL

年末年始に家族で楽しめる、ちょっと昔の80年代映画

年末年始に家族で楽しめる、ちょっと昔の80年代映画

最近またコロナが流行っていますね。GoToトラベルも全国で一時停止に……そこでこの年末年始を楽しむために、ちょっと昔の映画をいくつか取り上げてみたいと思います。

というのも実は、「フォレストガンプ」が通じないことがありまして、よくよく考えてみると、公開が1994年なんですよね。26年前、そりゃ~今の子に通じないわけだ!

ですが、昔の作品もとてもいいものがあります。個人的には90年代をピックアップしたいのですが、今回はもうすぐ年末ということもあるので、コロナの年末年始に家族で楽しめる、ちょっと昔の80年代の家族向け映画(子供向け)をピックアップしてみます。

80年代の映画は再放送も少なく観る機会も少ないので、こういったタイミングで是非触れてもらえると嬉しいです。この時代の映画は、CGを使っていない感じが独特で、携帯もない時代ですが、代わりに夢が詰まっています。

この機会に懐かしい映画を観てみるのもいいんじゃないでしょうか。今回はメジャーなもの中心にピックアップしています。

「ネバーエンディングストーリー」

まず1本目は「ネバーエンディングストーリー」。わかる人には「ファルコン」でわかりますよね。もとは龍だったそうですが、白い長い犬って感じがかわいいです。

まだCGが出る前の時代で、子供にとっては、夢のある世界観でした。個人的に好きなのは第2章なので、そちらをピックアップ下記はアマゾンプライムです。

「ET」

2本目は言わずと知れた「ET」です。最近はUFOや幽霊みたいなオカルトは流行ることはないですが、まだまだそういった話に人気がありました。そういった時代の中の新しいアプローチの宇宙人でした。ETみたいな友達がいたらいいですよね。子供のころの夏休みの感覚、そんな感じがとても好きです。

こちらもアマゾンですが、お好みのサイトで検索してください。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

3本目は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。こちらも好きな人が多いですよね。デロリアン号やマーティとドグのやりとりや、タイムスリップの瞬間のあの感覚がたまりませんよね。

ドラえもんのタイムマシンもいいですが、デロリアン号も渋くていいですよ。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は2と3もありますが、こちらはやはり1ですね。2は未来に、3は過去にいきますよ!

「グーニーズ」

4本目は「グーニーズ」です。本当はこの中で1番好きです。男の子ならみんな好きなんじゃないかな……。自分たちの住んでいる何の変哲もない場所から宝探しがはじまるあの感じと、片目のウイリー、数々の仕掛けにワクワクするんですよね。

そしてキャストの良さもいいですよね、子供の頃はとても怖かったです。こちらもアマゾンです。

「ホームアローン」

5本目は1990年になってしまいますが、「ホームアローン」です。クリスマスの定番映画で12月の時期になったらよくTVでもやっていましたよね。天才子役のマコーレー・カルキンの名前がすぐに出てきます。

ドジな泥棒とのドタバタのやりとりが、アメリカっていう感じがします。こちら1990年の1作目から2012年の5作目まであります。

——————-

みなさんいかがでしたか? 40代以上の方には、懐かしかったんじゃないでしょうか。

知らない方も多いと思いますが、CGが主流になる前の映画はこんな風だったんだなと観てもらえると嬉しいです。たまに昔の作品を観ると、時代が変わったことや、自分自身があの頃から変わったことを実感できるんじゃないでしょうか。

それと最後に、80年代で個人的に好きな映画ですが「シザーハンズ」があります。ティム・バートンとジョニー・デップの作品ですね。2000年代以降数々のヒットを飛ばす二人の過去作品です。

この時からティムバートンの世界観とジョニーデップの雰囲気が絶妙でとても印象に残る映画です。

番外編、こちらは映画ではありませんがとても好きだったシリーズです。「世にも不思議なアメージング・ストーリー」興味があればどうぞ。

この記事を書いた人

大西充
エレファントストーンのエディター

大西充の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事