SPECIAL

東京都が「オンライン東京ツアー」を開始したって知ってる?

東京都が「オンライン東京ツアー」を開始したって知ってる?

東京都は2020年10月に「オンラインツアー造成支援事業募集開始(第883報)」と題して、観光関連事業者が「新しい日常」に対応し、非対面により都内への旅行気分を楽しむことができるオンラインツアー等の商品を造成・販売する際に必要な経費の一部を補助する「オンラインツアー造成支援事業」を行う場合に最大で1/2、200万円の経費をサポートする補助金事業を始めています。

>>概要はこちらから!

オンライン東京ツアー

それに合わせてというわけではないのかもしれませんが、2020年10月中旬から東京都のオンラインツアーが始まっています。

東京都は「東京都と(公財)東京観光財団では、都内各地の魅力を発信し、地域の観光振興につなげる取組を進めています。この度、都内観光協会等と連携し、歴史や文化、自然などをテーマに都内のおすすめスポットをWeb上で案内する、オンラインツアーを開催いたします」と発表しており、手っ取り早く言えば「オンライントリップ、デジタルトリップを都が主導してやりますよ」ということになるでしょうか。

すでにオンライン東京ツアーという公式サイトもあり、2021年3月まで全18回を予定しているようです。ユーザーは募集している旅行ツアーから行きたいツアーを選びます。

1月14日現在ですと、
「【町田市】 町田をよく知る地元情報紙の元編集長がご案内!まちだの中の「まちだ」ツアー」
「【中野区】 マニアックシティー中野がもっと好きになる「中野マニアツアー」」
「【目黒区】 歴史ある駒場からスイーツの街 自由が丘へ 目黒の魅力満喫ツアー」
といったものが募集にかかっています。

これまでには
「【墨田区】 日本の国技「相撲」を知る旅 地元のガイドと巡る両国相撲ツアー」
「【文京区】「時代を散歩できるまち」文京 展望台からの絶景と小石川後楽園を巡る歴史の旅」
といったものが開催されています。日本人だけでなく外国人の需要もありそうですね。

基本的には1ツアーは20名程度定員でオンライン(Zoom)でその地域をまわります。気になるお値段ですがツアーによりまちまちなものどれも1,000円程度と実際の旅行に比べると少額なもの。しかも、多くのツアーでスイーツや特産品のお土産がついてきます。

家にいながら旅行気分を味わえてお土産も手に入る、これはちょっとお得なのではないでしょうか?

デジタルでの旅行はニューノーマルになるか?

2020年は都道府県をまたがずに旅をする「プチ・トリップ」やVRやオンラインを使った「デジタルツアー」「VR旅行」が話題となりました。今回の東京都のサービスはその両方を掛け合わせたサービスといえるでしょう。

1ユーザーとしても住んでいる区や市の行ったことがないエリアや気づかなかった魅力を再発見する良い機会に感じました。また、過去に住んでいた土地を再訪する懐かしさも味わえます。まだまだ予約人数には空きがあるそうなので是非参加してみてください。編集部でも体験をしましたらレポートをお届けしますね。

女子旅がテーマな観光PR動画5選
神奈川県はもう約10年も動画サービス事業を手掛けている

この記事を書いた人

ZOOREL編集部/黄鳥木竜
慶應義塾大学経済学部、東京大学大学院情報学環教育部で学ぶ。複数のサイトを運営しZOORELでも編集及び寄稿。引きこもりに対して「開けこもり」を自称。毎日、知的好奇心をくすぐる何かを求めて街を徘徊もコロナで自粛中。

ZOOREL編集部/黄鳥木竜の書いた記事一覧へ

タグ

RELATED ARTICLES 関連記事